射手座に土星が運行するとき、夜が掴む星座

2015年9月18日、蠍座に繰り返し逆行していた土星が、本格的に射手座に入座しました。射手座入りした土星は、2017年12月20日まで射手座にとどまります。今回は、射手座入りした土星により、夜の闇に逃げ、昼の闇に彷徨う星座について見ていきましょう。

一般的な解釈では、土星が星座の上を運行するとき、その星座に試練やプレッシャーが与えられるといわれてきました(病気、災いなど、恐ろしいことを紹介してる教科書もあります)。しかしながら、土星が星座に与える影響の解釈は、一般的な解釈のみに焦点を当てた場合、必要以上に人を畏怖させる部分があったと言わざるを得ません。

土星の運行は、決してあなたに不幸を与えるものではなく、あなたが大人としての知恵を手にし、さらなる成長を遂げることを暗示しているのです。

それでは、射手座の運行によりその影響があらわれる4つの星座について、紹介していきます。

射手座に土星が運行するとき、夜の闇に隠れる星座

双子座のあなた…意外に思うかもしれませんが、射手座に土星がある時、その影響を最も強く受けるのは、双子座のあなたです。あなたはこの2年間のうちに、夜の闇に隠れ、身をひそめなければならないような現実に直面するかもしれません。それはあなたにとって、夜の闇からあてどない救いを、同じ夜の闇に対し求めているようなものです。自分の力ではどうすることもできないものが、救いを求める事態を促しているのかもしれません。普段は物事に対して客観的な視点で見ることのできるあなたも、アイデンティティを揺るがすような出来事に、動揺を隠しきれなくなることがあるでしょう。

射手座に土星が運行するとき、昼の闇に彷徨う星座

射手座のあなた…射手座にとって、土星が運行するこの2年間は、今まで意識の底に閉じ込めていた問題が表面化する時期です。また、それに向き合い、自分自身を見つめなおすことで、何らかの決着をつけなければならない時が来ることになるでしょう。普段は明るく自由奔放で、屈託のないあなたですが、この時期ばかりは、深い闇がそこにあることを感じ取り、時に憂鬱な気分になることもあるかもしれません。あなたは今、何事もない日常生活において、昼の光に包まれながら、夜の闇を彷徨っているような状態です。昼の闇を彷徨うとは、まだ明るい時間に、カーテンを閉め、部屋の電気を消して、闇を求めているような心理状態をあらわします。

射手座に土星が運行するとき、薄闇にとどまる星座

girl-alone-near-sea-waves-sad-forgotton-love-painful-thoughts-image

乙女座、魚座のあなた…乙女座と魚座にとって、射手座にある土星は、あなたに薄闇をもたらします。今心に湧き起こるさまざまの思いを、一旦立ち止まり、それらを思い返し、現状を改善する答えを導き出すことを促しているのです。繊細で、ともすれば内にこもりやすいあなたですが、この薄闇の中で光を求めること、またそれが可能であることを星は告げています。決して悲観せずに、薄闇の先にある光を求めること、それを継続していくことが大切です。

最後に

最後に、多かれ少なかれ、射手座の土星運行は、柔軟星座(三区分:双子座、乙女座、射手座、魚座)の心に影を落とします。その影はあなたの人生を変えていくことになるでしょう。それは必ずしも、マイナスの変化ではないということをここに強調したいと思います。重要なことは、あなたがその影を見つめ、どのように人生を好転させていくかを考え抜き、行動に移すことです。闇の中に隠れ、闇が過ぎ去るのを待っていたのでは、状況は変わりません。この闇をプラスに変えることができたら、あなたは今までのあなたにはできないと思っていたことを成し遂げる力を得て、成長した自分を手に入れることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)